包茎手術の治療費の内訳はどうなっているのか?

包茎手術の治療費の内訳はどうなっているのか?

包茎手術はカントン包茎や真性包茎のように異常のある場合は保険が適用されるため治療費はそれほど高くなりません。しかし仮性包茎の場合は保険が適用されず扱い的には整形外科の分野になるため治療費が高額になりがちです。治療費が10万円を超えることも珍しくありませんが、中には50万円、100万円以上の法外な値段を請求される悪質なケースも存在します。そのような事態に陥った際、騙されないためにも治療費の内訳を把握しておく必要があります。

 

実際、知識が乏しい事から○○コースやお得なオプションなど内訳を確認せずに医者の言うまま包茎手術を受けて後悔する人が後を絶ちません。そのような事態に陥らないためにもどこに、どれだけの額を使ったのか把握する必要があります。包茎手術の内訳の注意点としては基本料金とオプションを確認することです。

 

悪質な業者の中には安い値段を提示し、後でオプションを追加するケースが存在するため値段をきちんと確認してから選ぶようにしましょう。麻酔をかけられた手術中に、術後に痛みが出やすいからとか色々と理由を付けてオプションを要求するケースもあるようです。悪質と言わざるを得ませんよね?

 

特にコラーゲンを注入し亀頭を大きくしようと言う詐欺には注意しましょう。この方法は一時的に大きくなってもコラーゲンは吸収され時間が経てば元のサイズに戻るため余り効果はありません。基本的に高くても包茎手術だけであれば20万円程度でそれ以上の値段になると一度他の病院にも相談して内訳を比較しましょう。無料で診断とカウンセリングを実施している病院が多いですので、足を運ぶ手間はありますが出来るだけ納得のいく包茎手術を受ける為に面倒がらずに行動しましょう。