呼吸法は早漏対策として実際に効果があるのか?

呼吸法は早漏対策として実際に効果があるのか?

早漏には神経伝達物質の一つである「セロトニン」の分泌が大きく関わってきます。セロトニンには神経の高揚を抑え、落ち着ける作用がありますが、早漏の方はセロトニンの分泌量が低いことが多く、過度の興奮状態に陥り早漏状態になりやすくなっています。このセロトニンの分泌には呼吸法が深く関わっており、呼吸法を制御することによって早漏を改善することができます。呼吸法はセロトニンを生み出す脳の一部である「ほう線核」は呼吸や咀嚼といった口の動きとも繋がっています。そのため、呼吸法で口を動かせばほう線核を活発化させることができ、セロトニンの分泌を促進させることができます。また、よく物を噛んで食べるのは子供の頃からしつけられていると思われますが、食事の際、よく噛んで食べることによってセロトニンの分泌しやすい体を作ることができます。このように呼吸法はセロトニンと深い関わり合いがあり、しっかりと行うことで早漏を解決することができます。早漏でお悩みの方は一度、呼吸法を試してみては如何でしょう?